脱毛,毛抜き直後は要注意!デトランスαに潜む危険?

脱毛,毛抜き直後は要注意!デトランスαに潜む危険?

 

 

脇汗やワキガで悩む人から支持を集めている制汗剤の
デトランスαですが、実は使い方に注意しないとかゆみや肌荒れが起きてしまうと言われています。

 

そんな中でも特に脱毛後や毛抜き後が危険だって知っていましたか?

 

ですので今回はデトランスαの脱毛後、毛抜き後の危険についてご紹介します。

 

脱毛後・毛抜き後は塗ってはダメ

 

 

デトランスαは脱毛後、毛抜き後に塗ってしまうとかゆみやかぶれと言った副作用が
起きやすくなることが知られています。

 

そもそもデトランスαというのは汗腺に浸透していって、
その汗腺にふたを作ることで脇汗やワキガを止めています。

 

脱毛後や毛を抜いた後の肌の表面というのは目では確認できないですが、
カミソリで傷ついた傷や毛穴などの小さい傷口がたくさんあります。

 

デトランスαは通常は汗腺に染み込むところ、
カミソリで傷ついた傷や毛穴など関係ない場所に入り込み、
結果としてかゆみや肌荒れと言った肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

ですのでデトランスαは脱毛後・毛を抜いた後は塗らないようにしましょう。

 

最低48時間は時間を置く

 

脱毛後やムダ毛処理後は最低48時間は時間をおいておくことをおすすめします。

 

これはデトランスαを公式サイトで購入するとついてくる説明書にも書かれてあることで、
脱毛後は最低48時間置くことが推奨されています。

 

肌の表面にある見えない小さな傷口がふさがるのは意外と時間がかかってしまうので、
2日間はおくように注意しましょう。

 

デトランスαは使い方が重要

 

このように脱毛後やムダ毛処理後の肌に塗らないなどデトランスαは使い方が特に重要です。

 

デトランスαは元々ヨーロッパで生まれたデオドラントで、海外の人向けに制汗効果が強力に作られています。

 

ですのでそもそも日本人の肌向けに作られていないので、
使い方が間違っていたりすると、肌荒れやかゆみを引き起こしてしまう可能性があります。

 

こちらの記事でデトランスαの正しい使い方や使ってみて分かった使う時のポイントなどを紹介しているので、気になった方はチェックしてみてください!

 

デトランスαの使い方口コミやブログから分かった使い方のポイントとは?

 

page top