【画像付き】デトランスαの塗る場所はどこがベスト?

【画像付き】デトランスαの塗る場所はどこがベスト?

 

 

 

脇汗やワキガが止まると評判のデオドラントのデトランスαですが、
塗る範囲や塗る場所がどこが一番いいのか気になっている方もいらっしゃると思います。

 

やっぱりできるだけ効果的に使いたいですよね(*^。^*)

 

ですので今回はデトランスαの塗る場所についてご紹介します。

 

ベストな塗る場所とは?

 

デトランスαのベストな塗る場所は結論を言ってしまうと脇汗がピンポイントで出ているところに
塗ると効果的です。

 

といってもいまいちピンとこないので画像で説明すると

 

 

大体ですが、肩甲骨の下あたりを中心に塗るのがベストだと思います。
私の場合は大体そこの部分が一番脇汗やワキガが出やすかった場所でした。

 

人によって脇汗が出てきやすい箇所は違うと思いますが、
大体は肩甲骨当たりを中心的に塗れば基本的には脇汗やワキガを抑えることはできます。

 

脇以外の部位には・・・

 

デトランスαを塗っていると手や足、顔など他の部位にも使いたいと思うかもしれませんが、
脇以外の部位に塗るのはおすすめしません。

 

実は脇汗と他の部位から出る汗は同じようなイメージがあるかもしれませんが、
全く汗の種類が異なっています。

 

脇汗と他の部位の汗は違う!

 

 

まずそもそも汗には大きく分けて2種類あってアポクリン腺から出る汗と
エクリン腺から出る汗の2種類に大きく分けることができます。

 

エクリン腺

ここからは無臭で無色透明の汗が出ます。
体温調節をするための汗を排出する部位で、体全身分布しています。

 

アポクリン腺

ココから出る汗は白くにごった色をしていることが特徴で、
たんぱく質なども含まれています。
この汗腺は特に脇にいる微生物がここから出る汗を分解して結果としてワキガが発生してしまいます。

 

ですのでデトランスαはそもそも脇汗やワキガ対策専門のデオドラントなので、
他の部位に塗ったからと言って必ずしも効果が期待できるとは限りません。

 

また本来の用途でもないので脇以外の部位に使うのは控えるのをおすすめします。

 

page top