デトランスαの塩化アルミニウム濃度がやばい・・( ゚Д゚)

デトランスαの塩化アルミニウム濃度がやばい・・( ゚Д゚)

 

 

口コミやブログなどでも脇汗やワキガ対策用デオドラントとして人気が高いデトランスαですが、
制汗効果がどれくらいなのか気になりませんか?

 

ですので今回はデトランスαの塩化アルミニウムの濃度について紹介します。

 

そもそも塩化アルミニウムとは?

 

軽く説明しておくと塩化アルミニウムとは高い制汗効果があると知られている金属系の成分です。
どのくらいなのかと言うと
塩化アルミニウムを水で薄めた液は実際に脇汗やワキガと言った多汗症の人に処方されているほどです。

 

塩化アルミニウムは市販のデオドラントなどにも含まれていますが、
多く含まれていると何が良いのかというと含まれている分だけ制汗効果が期待できるということです。

 

デトランスαの塩化アルミニウム濃度は?

 

 

ではデトランスαの塩化アルミニウム濃度は?というと20%です。

 

20%は高いのか低いのかいまいちわからないと思いますが、
大体脇汗やワキガが中度から重度ぐらいの人でも効果が期待できるレベルです。

 

ですので塩化アルミニウム濃度から見てもデトランスαは多くの人に効果が期待できます。

 

その一方で・・・

 

塩化アルミニウムの濃度が高いほど確かに制汗効果は高まりますが、
その一方で塩化アルミニウムの濃度が高いと副作用が起こってしまう可能性があります。

 

デトランスαには塩化アルミニウムが多く含まれているので、
塗るとチクチクしたり、敏感肌の人だとかゆみや肌荒れと言った症状が出ることがあります。

 

副作用を抑えるには・・・

 

もちろん体質によっても合う、合わないはありますが、
デトランスαの副作用を抑えるコツがあります。

 

 

 

それは・・・

 

 

 

 

使い方に注意するということです。

 

デトランスαは市販で販売しているようなデオドラントと違って、
就寝する前に塗ったりなど使い方を工夫することで、かゆみや肌荒れといった副作用を抑えることができます。

 

実際に私も体験しましたが使い方を間違えてしまうとかゆくなってしまいます・・・

 

デトランスαの正しい使い方や実際に試して分かった使い方のコツなどをまとめてみたので、
チェックしてみてください。

 

デトランスαの使い方のコツ副作用を抑える使い方とは?
page top