デトランスαの効き始めの落とし穴|えっ・・・こんなことに

デトランスαの効き始めの落とし穴|えっ・・・こんなことに

 

 

脇汗やワキガに効果があると大人気のデオドラントのデトランスαですが、
実はデトランスαには効き始めたときに知る人ぞ知る落とし穴があります。

 

ですので今回はデトランスαが効き始めた際の落とし穴について紹介します。
覚えておかないともったいないことになってしまうので注意してください('ω')ノ

 

効き始めの落とし穴とは

 

実はデトランスαの効き始めはかゆみや肌荒れといった症状が起こる可能性が高いです。

 

口コミやブログなどを調べると
使い方を間違ったり、敏感肌の人が使うとかゆみや肌荒れが起こることがあると知られていますが、
特に使い始めて最初のころにこのような症状が起きやすいと言われています。

 

肌が慣れていないから・・・

 

デトランスαはもともとヨーロッパで作られ、制汗効果も強力に作られているので、
デトランスαが効き始めたころはまだ肌が慣れていなくて、
結果としてかゆみや肌荒れと言った症状が起きてしまいます。

 

もちろん全員が全員起きるわけではなく、
あくまでも起きる可能性があることを知っていただけたらなと思います。

 

かゆみはだんだんと収まってくる

 

デトランスαは使い始めの頃はまだ肌が慣れていなく、かゆみや肌荒れを起こしてしまうかもしれませんが、
使い続けていくうちに肌が慣れて、かゆみが収まってきます。

 

ですのでデトランスαを使い始めて少し副作用が出たとしても、肌の様子を見ながら使い続けていくことをおすすめします。

 

やっぱりデトランスαは強力

 

 

確かにこのように使い始めの頃はかゆみや肌荒れが起きてしまうデメリットもありますが、
それ以上にかゆみや肌荒れが収まった後はとても快適です(*^▽^*)

 

元々私も脇汗とワキガ両方ひどかったのですが、
デトランスαを使用してからはほとんど収まって、今では脇汗やワキガを気にすることもなくなりました。

 

しかもデトランスαは使い続けていくとだんだんと効果がもつ時間も長くなって、
今では2・3日に一度塗れば十分です。

 

デトランスαの効果の真実!リアルな口コミとは?
page top